未分類

ニキビ跡のタイプ別の改善方法。

8ニキビ跡には赤みが残る人、茶色や紫色のシミが残る人、クレーターのようにデコボコが残る人の3タイプがあります。

ここではタイプ別にニキビ跡を消す方法をご紹介します。
ニキビ跡を消す方法はこちら

まず赤みが残る人は、ビタミンCが配合されている化粧水と美容液によるスキンケアを毎日続けることが大切です。
ビタミンCには、ニキビの炎症を抑えたり、皮脂を抑えたりする効果があります。特にビタミンC誘導体は肌への浸透力が高いので、このビタミンC誘導体が配合されている化粧水と美容液を使うと、とても効果があります。

ちなみに、ビタミンCでも服用するタイプのものは効果がありません。
そして次は、茶色や紫色のシミが残る人ですが、このタイプの人も赤みが残る人と同様に、ビタミンCの配合された化粧水と美容液でスキンケアすることによって、ニキビ跡を改善することができます。

また、このどちらのタイプも泡を使って優しく洗顔することが大事です。
そして紫色ではなく茶色のシミが残るという人は、ピーリングが効果的です。

茶色のニキビは、消えてしまうまでに約2年はかかり、日焼けをすることで消えにくくなったりもします。

そこで、即効性があるピーリングが効くのです。
そして最後にクレーターのようにデコボコが残る人ですが、このタイプの人は、自分の力でニキビ跡を改善させるのは、非常に困難です。お金や時間はかかりますが、美容皮膚科に行って治してもらうことをおすすめします。ニキビ跡ができて悩んでいる人は数多くいますが、セルフケアをしたり美容皮膚科に行ったりして、少しずつでも改善していけるように頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です