美容雑記

夜のケアは乳液までだと保湿力が足りない!

6夜のスキンケアといえば、どんな風に行っていますか?

メイクを落とし、洗顔、化粧水、美容液やパックをして乳液までしてから寝てる!と自信たっぷりな方はいないでしょうか。

実は乳液までだけでは夜間のうちに肌水分が蒸発するのを防ぎきれないのです。

一般的な乳液の保湿力は3時間程度となっているため、せっかく一生懸命ケアをしても寝ている間に肌は乾燥に晒されていることになります。

では一体どうすれば乾燥を防ぐことができるのか。

そのポイントは「ナイトクリーム」にあります。名前の通りナイト、つまり夜のお手入れで使うものですがベタつくからクリームは苦手という方も多いのではないでしょうか。

しかし、実は化粧品業界ではクリームに一番美容成分がたっぷり盛り込まれていて、その化粧品会社の特性が分かるものと言っても過言ではありません。

ナイトクリームは夜塗布しておくと7〜8時間前後水分の蒸発を抑えてくれます。

さらに美容成分たっぷりなので、寝ている間にその成分がしっかりと肌の調子を整えてくれるため、翌朝の化粧ノリが全然違ってきます。

べたつくから苦手、と言っている方の多くは「ナイトクリームがしっかりと肌に浸透していないからべたつく」というパターンが多くあります。

その場合まずは化粧水の段階でしっかりと手のひらをあてて浸透させて、浸透して肌表面に残っていない状態で乳液を塗布し、同じように乳液をしっかりと浸透させましょう。それからナイトクリームを塗布することで、クリーム自体の浸透も良くなりべたつきが軽減されるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です